大阪風俗とこれから始まる物に対しての期待。
トップ
福岡・北九州
かつて七色の天と謳われた工業地帯の煙がうすれ始めた時、隠れていたもうひとつの顔が現れてきた。
玄海国定公園の青い海鳴りと、北九州国定公園の山々から吹きおろす青嵐にのって、松五郎の末裔たちの打ち嶋らす太鼓の書が高らかに響きわたる。
門司港の駅舎は天変風格がある。大正3年、ローマのテルミネ駅を模して建てられ、すでに70年以上の歴史を持つ。
コンコースの鼻輪巻き柱、トイレの青銅製手水鉢も見落とせない逸品だ。また鉄道マニアなら改札口を入った正面にある鹿児島本線の基点「0哩標」も是非。


福岡風俗などの娯楽を提供するお店サイト。福岡の福岡 風俗店を紹介。地域別、駅別に検索。新人情報、イベント情報等。

大阪の風俗とこれから始まるものに対しての期待。
わくわくするような期待感を持って利用することが多い大阪の風俗には、ここならではのサービスの濃厚さがあります。
私はここのソープランドには足しげく通っており、なじみの女の子に全身を使ったマッサージをしてもらうなど、夢のような時を過ごしているのです。
実際にここの女の子はルックス、スタイル、性格などが良く、一緒にいて楽しいタイプの子が多いと思います。
それに何より、みんなエッチで明るい所が大好きです。


和布刈神社
門司港駅から(喜)3)バス和布刈神社前下車。関門橋の真下、豊玉比亮をまつる海の守護神である。旧暦元旦の午前2時、神楽の後狩衣姿の神官3名が大松明に導かれて海に入り、岩についた和布を刈取って神前に供える。同じ時刻対岸の下関市住吉神社でも同じ神事が行われる。この日は門司港駅から深夜の
臨時ノヾスが出る。和布刈の神事が行われる辺りは、海の中でも最も狭く対岸まで680b、早鞆ノ瀬戸と呼ばれ、時速17`の急潮が渦巻いて流れる。文治元年(1185)3月24日の朝、源平両軍の兵船1300余地がこの海峡で激突した。初めは平家が優勢だったが、潮流が変ると潮に釆って源氏が押し出し、
安徳帝を抱いた二位尼が入水したのは夕
刻だったという。

門司港

関西・大阪を中心とした大阪風俗情報。女の子の写真、体験レポート等。
門司港駅から徒歩5分。赤煉瓦:造りの郵船ビルや木造洋館が建つ通りを歩くと、開門連絡船の発着所につく。
今も高速の連絡船が20分ごとに発着し、対岸の下関市唐戸桟橋まで10分の航海である。船の汽笛がひとしお旅愁をさそう所だ。

 

福岡風俗一二三の情報の無断 転載 複写 配布 などを 禁止 します